再生療法PRGFは、歯科業界の中でも注目を集めています。
PRGFとは成長因子を多く含んでいる血漿です。
再生療法PRGFは、組織の再生に有効であることが報告されています。
1990年代の後半からは口腔領域でも有名です。
世界的に有名なスポーツ選手が治療を受けたことで、日本でも興味を持つ人が増えています。
スポーツ選手は試合中に歯を強く噛みしめることが多く、歯に大きな負担がかかりやすいです。

成長因子とは、骨など様々な組織の修復や再生を促す成分です。
成長因子を豊富に含んでいる血漿を欠損したり損傷した組織に使えば、組織を治癒して再生を促進させることができます。
再生療法PRGFは、歯科や口腔外科では歯周病に伴う歯周組織の欠損に対しても使われています。

歯科業界でも興味を持つ人が多い再生療法PRGFは、従来の再生治療とは異なる新しい治療方法です。
これまでの再生治療は、他の人の骨組織などに由来するタンパク質が基になっていましたが、PRGF治療の場合は自分の血液の中にある成長因子を取り出して使います。
自分の血液なので、副作用の心配がなく安全な治療が可能です。

日本では、歯周病で歯を失う人が増えています。
歯周病を放置していると最終的には抜けてしまうこともあります。
最新の歯科医療技術であるPRGFは、失われた歯を再生させる再生療法です。
PRGFは骨や組織を効率よく再生するタンパク質を取り出して、短時間で再生させることが可能です。
外科的な治療を行わずに自分の血液を使って組織を再生させるため、美容や整形外科の分野でも幅広く応用されています。

PRGFは、スポーツ医科の分野でも大きな話題となっています。
プロスポーツの世界では、選手がケガをした場合に確実に安全に治して復帰させることが求められます。
国内外の有名スポーツ選手がPRGF治療を受けて現場に復帰しています。

PRGFは、歯周病で失われてしまった骨を再生させるのに効果的です。
歯を抜いた後の骨の欠損部にPRGFを入れることで短い期間で骨を再生させることが可能になっています。
再生能力を失ってしまった組織に増殖因子を適用させれば、治癒を促すことができます。
老化した皮膚や粘膜に注入すればヒアルロン酸やコラーゲンが増えて組織の老化速度を低下させるだけでなく、組織の抵抗力を向上させることも可能です。
従来の再生療法に比べると簡単で、骨の場合はしっかりとした骨ができます。