歯列矯正といえば、歯面一本一本に直接ブラッケットという装置をつけ、ワイヤーで歯列を並べていくのが一般的です。
しかし近年の矯正歯科では、セラミック製のものやワイヤー自体も白く目立ちにくいもの、歯の裏側に装置をつける舌側矯正などがあります。
見た目を重視し目立ちにくいものが人気です。
また治療の時期も様々で、低年齢の時期からその時にできる治療を行っている矯正歯科も多いです。
子供だけではなく、大人になってから始める場合は、より外見が気になるでしょう。
顎の位置関係や、噛み合わせの大きなズレがない場合は治療法の選択肢が広がります。
ブラケットをつけたワイヤーによる治療でなく、マウスピース型の歯列矯正が注目を浴びています。

マウスピース型の矯正装置には、代表的なものにインビザラインとクリアアライナーなどがあります。
両者とも見た目は透明で取り外しができるのが特徴です。
取り外しが出来るため、食事や歯磨きなど今まで通りに生活できます。
また、金属アレルギーで一般の矯正治療ができない人も安心して治療ができます。
ワイヤーを使った治療に比べ、痛みが少なく口内炎や虫歯のリスクも少ないです。
ただ、取り外しが出来るため、決められた使用時間を守って使っていないと、治療が正確に行えずに治療期間も長くなってしまうこともあります。
マウスピースをつけながら話すと、相手が聞き取りにくいのもデメリットになります。

インビザラインは日本では2006年に正式に導入され、治療実績も多く論文でも治療例が多く発表されています。
専用のシリコンで歯の型を取りレントゲンの撮影をします。
データをもとに治療の計画を作成し、最終的な目標までのマウスピースを一度に作成します。
クリアアライナーはアソアライナーとも呼ばれ、比較的新しいマウスピース矯正です。
治療を始める前に歯の型を取りますが、インビザラインと違いステップごとに何度も歯の型を取り、新しくマウスピースを作る必要があります。
急速に普及しているマウスピース矯正ですが、すべての歯並びに対応しているわけではありません。
自己管理が難しい子供や、顎の位置、噛み合わせを治すといった治療には向いていません。
また、マウスピース専門の知識と技術が必要となるため、歯科医院を選ぶときは慎重に行うと良いでしょう。
従来のワイヤーによる矯正とは異なるので、インビザラインやクリアアライナー専門の歯科医師による正確な診断と治療計画が、とても重要です。